nofanの日記

ー初心者DIYと日々の日記ー

ブログ初心者がブログ初心者へのおせっかいアドバイス~重複サイト~

ワタクシは「はてなブログ無料版」から「Pro(有料版)」へ移行しました。

なぜか?

ブログは何回かは挑戦しましたが、全て長くは続かずに挫折?飽きた?と言う経緯があったので、はてなブログで再挑戦しようと思った時も、また辞めるかも?と思って無料版から始めました。「はてなブログ」を選んだ理由を言いますと、アフェリエイトが出来る。です。ブログが続けることが出来たら、数百円でも稼ぐことが出来る可能性のある方がいいかな?と、浅ましい考えです。

その事もあって「はてなブログ無料版」に登録しましたが、数件の記事を書いただけで約一年間放置。そして再挑戦。と言う経緯を辿っています。

その何度目かの再挑戦が今なのですが、今回はハマってしまって(Googleアドセンスのクリック型報酬に目がくらんで)色々と思考した結果「有料版」へ移行した訳です。

試行錯誤した結果、ようやくGoogleアドセンスの「サイトの停止または利用不可」から脱出できました。そして審査の結果は「価値が低い広告枠」です。

 

tftnature.net

 

自分の記事が価値が高いなんて思っていなかったので「うん。その通り」と、納得して、不合格でも審査段階まで行けたことに感動していたのですが「価値が低い」と、判断される材料の一つに

「重複サイト」

との理由がありました。

数えきれない程のサイトがある中で、コピーしただけのサイトは認めません。

それは分かります。分かりますが

同一ブログ内でも同じ様な記事があれば重複(コピー)サイトと認識される

みたいです。

知らなかったです。自分のブログ内の記事なので、ドメインで判断してくれると思っていたのですが、ダメみたいですね。

これは早めに気が付いて対策した方が絶対にいいです。また

はてなブログの有料版に切り替えて独自ドメイン使用後も無料版の時のURLがコピー記事と判定された

のです。あくまでも自分の場合です。なので、そうならない場合もあると思います。

独自ドメインを取得して設定後、無料版の時に書いた記事のURLと、独自ドメインのURLが2つ存在して、全く同じ(コピー記事)と判断される物もありました。

放置前に書いた記事で不必要な物は削除したのですが、残している記事をコピーチェックサイトで確認すると、無料版の時のURLが表示され、尚且つ同一URLの物もありました。

違う記事のチェックをしているのに、類似サイトとして出てくるURLが、全て「archive」記事一覧のURLです。記事一覧に表示される数行の文章が類似と判定?

それであれば、独自ドメインも同じく類似サイトとして「archive」の記事一覧が出てくるはずですが、こちらは出てこないです。

ワタクシのやり方が悪いのか、何か設定を間違っているのか?時間が経てば消えていくのか?それとも、そう言う物なのか?現時点では不明です。

無料版の時に書いた記事は勝手にリダイレクトされると思っていたのですが、なかなか厄介です。記事全文表示設定から、記事一覧設定に変更したのも原因の一つかもしれませんが、無料版の時に使っていたドメイン設定に戻れないみたいなので、どうすることも出来ないのです・・・。なので、下書きに戻して、記事を修正して再投稿したのですが・・・。

そこで、今後に気を付けて行こうと感じたのは

URLは記事タイトルを使用しない

記事タイトルの方が、自分でチェックする時にわかりやすいと思ったのですが、実際に表示されるURLは暗号みたいな数字や記号の羅列で、めっちゃ長いアドレスになってしまいます。余計にわからなくなってしまいました。そして、現在のURL設定は標準にしてますが、URLを記事タイトルにしていた記事を下書きに戻し、修正し再投稿すると、URLが標準タイプに変更されてしまいました。失敗です。

なので、カスタムURLが理想ですね。

記事を分けて投稿する場合、過去記事リンクを使う

これは実践してました。Googleにクロールしてもらう為にも効果的です。ただ、1回目の記事を見ていない人用に、前回の記事の概要を書いた方が分かりやすいかな?と思っていましたが、これが見事にコピー文章として判定されました。まぁ、自分で書いた文章なので、当たり前ですが・・・。ですので、あまり前回記事の文章は使用せずに、過去記事を見てもらえるようにした方が良い。それか、自分の文章ですが、どうしてもという場合は引用を使った方がいいですね。

本当は記事を分割せずに、ページ分割をしたいと考え調べたのですが、はてなブログはページ分割は出来ないです。出来るのは、表示を隠して「もっと読む」のみでした。これは、かなり残念に思います。出来るようにして欲しいです。

長くブログを続けるのなら、日常日記的な記事は控える

これはワタクシが自分は無理だ。と思ったことです。もちろん、日常日記をブログに綴って、人気のあるブログも存在するかと思います。しかし、日常は日常。毎日が刺激的で色々なことに挑戦したり、新しい発見があるような充実した毎日を過ごしているわけではありません。普通の「毎日がコピーされたような行動の日常」をコピー判定なしに記事にできる能力はワタクシには無いからです。コピペ日常(仕事)なのに、コピペ記事を書かないようにすること自体が無理なのです。

なので、今後の記事の発展につながる思いつきが浮かんだ時や、情報になりそうな体験をした日常があったときぐらいに控えようと思います。

ブログもアフェリエイトと同じで、気軽に出来るけど考え出すと難しいですね。

 

tftnature.net

 

ではでは