nofanの日記

ー初心者DIYと日々の日記ー

天板を安くDIYで作る為にポケットホールの試し作業

ポケットホール治具を知って、購入してから時間が経ちましたが、未だに作業に取りかかれてません。

tftnature.net

賃貸だけど作業部屋が欲しい

tftnature.net

の為の片付けが、まだ終わってないのです。ちょっとずつではありますが、進んでいますが・・・。

なので、今回は作業と言うよりポケットホール治具がどういった物かを前回より深く、写真メインで紹介します。

試し作業をしながら撮影した写真になります。

f:id:nofan:20200915054808j:plain  f:id:nofan:20200915054932j:plain

正面です

f:id:nofan:20200915055024j:plain

裏側

f:id:nofan:20200915055049j:plain

足の部分

マルの部分がグレーになってる場所が、穴を開ける材の厚みです

f:id:nofan:20200915060209j:plain  f:id:nofan:20200915060448j:plain

専用ドリルを入れた状態です。

f:id:nofan:20200915055451j:plain

材の厚みを測るゲージです。

写真は1X4材(19mm)なので3/4(2.54÷4×3)

f:id:nofan:20200915055725j:plain

本体裏側のストッパーを動かして、材の厚みの位置にします。今回は試し作業なので、穴を開ける位置は特にマーキングせずにいきます。

複雑な接続をするのであれば、穴開け位置もずらしたりしないと、接続時にコーススレッドと干渉します。

f:id:nofan:20200915060017j:plain  f:id:nofan:20200915060051j:plain

足の丸穴の位置が3/4になってます。

f:id:nofan:20200915134427j:image

クランプを付ける為のアタッチメントをつけるのですが、この3列あるくぼみに、アタッチメントのゴム部分をはめ込みます。真ん中の列にもゴムを斜めにしたらハマります。

f:id:nofan:20200915134407j:image  f:id:nofan:20200915134347j:image

こんな感じです。

f:id:nofan:20200915134414j:image  f:id:nofan:20200915134339j:image

材と治具をクランプで挟んだ状態です。

f:id:nofan:20200915134357j:image

この状態で専用ドリルを使って穴開けしていきます。

f:id:nofan:20200915134354j:image

こんな感じで穴が開きます。裏側には貫通していません。穴開けした後の状態です。サンドペーパーもかけてません。木目に沿って穴開けしたので、バリもほとんど出てませんでした。

f:id:nofan:20200915134400j:image

で、こんな感じで繋げます。

ポケットホールは外からビスを打つのではなく、内側から打つ感じですね。

f:id:nofan:20200915134410j:image

コーススレッドは、こんな感じで斜めに入ります。ちなみに、このネジは専用品ではありません。32mmの普通のタイプです。

f:id:nofan:20200915134336j:image

貫通だけさせて、コーススレッドが外側に何ミリ出るか(接続する材に打ち込まれる長さ)を測ってみました。

約15mmです。相手が19mmなので突き抜けない長さです。35mmのコーススレッドだと、締め付けトルクによっては先端が飛び出す可能性がありますね。

f:id:nofan:20200915134417j:image

繋げた画像です。

この繋げ方は、普通に外側からビス留めした方が作業的には早いですが、外側からビスが見えなくなるので、見栄えはよくなります。それと、棚板を増設する時、ミリ単位できっちりと作りたい時は別として、「このぐらいの場所に棚板欲しいな」と思った時、外側からビス留めしようとして、ビス位置と棚板位置の中心がうまく合わずに、斜めになってしまう事がよくありました(自分が不器用なだけ?)。

ですが、これは棚板から柱に打ち付けるので、適当な高さに一箇所だけビス留めした後、棚板の上に水平器・水準器のアプリを入れたスマホを置いて(iPhoneだと標準のコンパスでも一応、代用できます)水平を保ちながら対角線上のビス留めするだけなのでやり易いです。一箇所だけでも固定されてたら、フリーで押さえるより断然楽です。この時、全ての穴にビスを押し付けて刺さった状態にしておけば、尚やり易いです。

でも、裏側から覗いたら?

穴だらけです・・・。

しかし!!そこまで気にするのであれば、メクラキャップなる物も販売してるので、それを用意するか、ダボを突っ込んで、はみ出た部分を切り落とす方法あるかと思います。自分は面倒だし、解体する時に困るのでやりませんが。

 

で、最後にポケットホールの一番のいい所と考えてる

水平に板を繋ぐ事ができる

です。他にも方法は色々とありますが、これが自分にとって簡単でやり易いです。穴位置も適当にビスが干渉しない様に開けてビス留めするだけ。

ダボ穴みたいに、相互にキッチリとした位置で穴開けしないと繋がらない。なんて事は起きないです。特に1X4のSPF材は反っていたりするので、ダボ穴繋ぎは苦行すぎます(経験済)。

ビスを大量に使って重くなる欠点はありますが、手軽さは断然上です。

左右のズレは最後に切り落としてしまえば揃うので、高さだけ気にすればOKですね。ワタクシは、床に置いて両足で材を踏んづけてビス留めです。厚みが若干違うSPF材でも、硬い床に置けば表面の高さは揃います。ビス留めした裏側(表面になる面)に段が無ければ裏側なんて気にしない・・・。

今回はお試し作業なので端材を使って繋げました。

f:id:nofan:20200915134424j:image

f:id:nofan:20200915134343j:image  f:id:nofan:20200915134403j:image

こんな感じで幅が広すぎてビス留め出来ない物も、金具を使わずに接続出来ます。

素晴らしい!!

と思う治具です。

工具は特段に安いって訳では無いですが、持っていて損は無い工具(治具)だと思います。

これで今まで出来なかった作業が簡単に出来る様になるので、幅が広がりますね。

いつかパッチワークのごとく端材をくっつけまくって、一枚の天板に仕上げるかもです。まぁ、穴位置の関係でパズルの如く悩む可能性がありますが、味な物が出来そうです。

ではでは