nofanの日記

ー初心者DIYと日々の日記ー

ブログの写真の撮り方を考えて100円ショップ~そして撮影へ~

前回でカメラを引っ張り出してきたので、綺麗に撮るための道具が欲しくなり探しました。

tftnature.netまずは照明と物を置くための台?が欲しかったのです。

部屋で写真を撮ると、どうしても自分の影やカメラの影が入ってしまう。これをどうにかするには、照明で影を消せばいいのではないか?と、以前から思っていました。しかし「高そう」って事で避けていました。また、買っても使わなかったら勿体ない。場所も取る。嫁に怒られる・・・などなどの理由から。

そして、物を置く台です。

いつもは床に置いたり、テーブルに置いたりして撮ってました。しかし、これまた色々な物の影が入ったり、真正面から撮ると、部屋に置いてる物までまる写り。

なので、まずはこの2点から解消するべく、

「カメラ 照明」で検索です。

ワタクシの通販での購入は、ほぼAmazonで購入してるので、今回もAmazonで調べました。

候補で考えたのは以下の2点。

Neewer 2パックポータブル写真照明キット 調光可能な5600K USB 66 LEDビデオライト 調整可能なミニ三脚スタンドとカラーフィルター付き テーブルトップ/ローアングル写真ビデオスタジオ撮影用

新品価格
¥3,299から
(2020/9/12 07:15時点)

 

SAMTIAN 160LED 撮影 ライト プロ・初心者向けのビデオライト スタジオ照明キット 動画撮影ライト 78.74インチ/2M三脚 3200/5500Kビデオ写真ライトスタンドセット Canon Nikon Sony DSLRカメラ撮影 キャリングケース付属 YouTubeビデオ撮影照明対応

新品価格
¥9,990から
(2020/9/12 07:16時点)

一つは価格も安く、カメラ素人のワタクシが初めて購入するにはいいかな?と。

しかし、もう一品もバッテリーで点灯するスグレモノ。バッテリーもセットになって、この価格はかなり安く感じました。レビューも読ませてもらいました。良い所・悪い所。ほぼ共通していたのは、

  • 価格の割には明るい
  • コンパクト
  • 軽い

ですね。悪い所は

  • 三脚が倒れやすい
  • ネジが壊れてた
  • チープ

ですかねー。

ワタクシ的には悪い部分は、三脚に重りを付けるなり、ネジが壊れてた部分はビニテやタイラップで留めるなりで対策出来そうと思ったので、1つ目のが安いし購入しようと思ってました。が、ちょっと待てよその前に

100円ショップに代用出来る物があるはず

と思った訳です。

最近の100円ショップは何でも売ってますからねー。それと前日に、レフ板の代わりになる物と、台の代わりになる物が無いかダイソーに行き、白いボードと黒いボードを購入していたのです。

今回はセリアに行ってきました。で、購入したのはこちら

  • キッチンペーパー置き
  • 12SMD&1LEDランタン
  • スマホ三脚スタンド
  • 自撮り棒

です。

そして、これを使ってカメラの練習を兼ねて写真を撮ってみよう!!と。

さらに、前日に購入したボードはあるけど、簡単な物だったら自作できるんじゃね?と思い、物撮りボックスモドキを作ってみました。

ダンボールとコピー用紙で撮影ボックスを自作

必要な物。

  • ダンボール
  • コピー用紙(自分はB4)
  • スティックのり
  • カッター
  • 定規

以上です。最近は通販で購入する人が多いので、余ったダンボールでいいと思います。コピー用紙もA4サイズならプリンター用で置いてると思うので、特に購入する物も無く、失敗しても気にせず出来ますね。

まずはダンボールにコピー用紙を貼ります。

f:id:nofan:20200911210116j:plain

お次はカッターで大きさを整えます。

f:id:nofan:20200911210219j:plain

以上。

コピー用紙は1枚だけでは白さが出なかったので3枚重ねで貼ってます。

そしてワタクシが使ったダンボールは薄かったので、台にする物は3枚重ねて、他は2枚重ねで貼りました。もちろんスティックのりで。

これは両目テープの方がいいと思います。のりだと時間が経てば、外れる可能性があるので。

汚れてきたら、この上からコピー用紙を貼ってあげれば、また白さが戻ります。

経済的です。

で、これが購入したランタン

f:id:nofan:20200911210413j:plain

まずはダンボール側で撮影

今回は全てiPhone8のカメラで加工無しです。

下がボックスに入れて撮影した物です。

f:id:nofan:20200911210457j:plain

うーん。手前に影がありますねー。

それに、ランタンの白い部分がダンボールの時と違って黄色味を帯びてます。

色温度?下地が白いので、ホワイトバランスの変化ですかねー。

お次は、このランタンの明るさです。

f:id:nofan:20200911210525j:plain

写真ではボックス内が暗く見えますが、実際はかなり白く反射してます。

これもランタンの明るさにホワイトバランスが調整されたのかな?

ここでホワイトバランスとは

ワタクシは素人なので、難しい事はわかりません。なので、ホワイトバランスとは、人間の目で白いと見える物をカメラでも白く写るように調整する事。と思ってます。

ただ好みもあるし、雰囲気を出したい場面では必ずしも「白は白」が正解では無いと思います。なので、あまり気にせずに好きな色味で撮影する事が出来る機能。と考えてもいいと思います。単純にプラスマイナスで調整するだけの場合もあります。ワタクシはシャッタースピードを稼ぐ時に下げたり、薄暗く写る時に白さが欲しくて上げたりしてます。本来の調整方法ではないかもですが、そこまで考えて撮影しても楽しくありません。もっとこだわりたいと思った時に、次のステップです。いきなり使いこなすなんて無理です。だって、プラスマイナスだけじゃなくて、色温度(赤みを強くしたいとか青みがもっと欲しいなど)まで考えていたら、素人では一枚の写真を撮るのに時間がかかりすぎますし、他の色々な設定も考えなくてはいけなくなりますから。

今回はiPhoneでオート撮影しただけなので、iPhoneが適切だと判断した設定での撮影になりますね。ただ、iPhoneは黒い部分のある商品で、フォーカスを黒い部分に設定(画面をタップ)すると、ホワイトバランスだけでなくISO感度も上がってる気がします。一気に画面が明るくなるので。まぁ、素人の戯言です。いろいろと素人がいじくるより、完全オートの方が綺麗に撮れる事が多いですけどね〜。

ではISO感度となんだ?

です。

 カメラではよく聞く言葉です。デジカメになってからはオートで設定してくれるから気にしたことが無い人もいると思いますが、フィルムカメラの時はISO感度ごとにフィルムが売っていて、「数字が高いほど奇麗に撮れるフィルム」と思って購入して失敗した記憶があります。まぁ、間違っていないとも思いますが、数字が高いほど暗い場所でも明るく撮れるよ。です。よくTVで高感度カメラを使って撮影してます。って夜中の撮影で言ってる高感度です。なら、すべて高感度でよくない?って思ったりしますが、TVで見たこともあると思いますが、適切に使わないとザラザラした感じがでます。また、明るい場所で高感度を使用すると、「白飛び」と言われる現象が起きて真っ白になったりします。前出したホワイトバランスを極限までプラスにした感じかな?なので「数字が大きければ万事OK 」的な昔のワタクシの考えではダメなのです。まぁ、これもデジカメやiPhoneで普通に撮影する時は何も考えなくても奇麗に撮ってくれますけどね。

 では、次の写真です。

f:id:nofan:20200911210614j:plain

 自撮り棒です。

何に使うか?ランタンを挟むのです。そして

f:id:nofan:20200911210725j:plain

 このキッチンペーパーホルダーにくっつけて、箱の上から照明で照らすのです。

見た目はアレですが、写真に写らないので使えればOKです。

これでいっぱしのカメラマン気取りです!!

実際にやってみたら、今までよりか上手に撮れているかは不明ですが、テンションが上がって楽しいです。まずは「自分で楽しむこと」が大事ですね!!

 で、三脚です。

f:id:nofan:20200911210635j:plain

 スマホ用の小さいものですが、台を外せばカメラに装着できます。重量オーバーで不安定で倒れるかな?と思いましたが、背が低いので足を広げて置けば、かなり安定して使えます。これは中々に優れモノと思いました。

しかし全体的に「のっぺり感」を感じてしまいます。もっと「立体感」を出して撮影していと思ってますが、何か台に乗せて斜めにして撮影した方がいいのかな~?

次回の課題です。

 最後にGH2君の紹介です。

これもBOXの中に入れてiPhoneで撮影しました。

f:id:nofan:20200911210808j:plain

背景真っ白。

ボディも白光。

ちょっと湾曲して見えるかな?錯覚かもですが。

これは「白飛び」している写真なのです。

失敗?成功?

このあたりが好みだと思います。

自分的には、ちょっとまぶしく感じるけど、商品を浮き出させる感じが出ていて好きですね。

これはiPhoneで撮影する時に、フォーカスを黒いボディに当てた(タップ)しただけです。それだけでこんな写真が撮れるiPhoneって凄い!!

で、普通に撮ったのが下です。

f:id:nofan:20200911210836j:plain

箱の境目がくっきり。

そのかわり黒色がはっきり。

箱の境目は布などで対処できますので、やっぱり素人目には好みの問題と感じますね。実際、それでいいと思います。商品撮影も楽しくいきましょう!!

ちなみに上記2枚の写真は

白飛び写真・普通の写真

F値: 1.8・1.8

シャッタースピード:1/13・1/120

ISO感度:100・50

焦点距離:4mm・4mm

35mm焦点距離:28・28

でした。

やはりシャッタースピードも違ってますし、ISO感度も上がってますね。

では三脚を付けたGH2でおしまいです。

 f:id:nofan:20200911211057j:plain

ではでは